重要なお知らせエリアを非表示

みしま村焼酎プロジェクト・公式ショップ鹿児島県の離島・三島村黒島。公設公営「みしま焼酎 無垢の蔵」で醸造した本格芋焼酎を購入いただけます。

みしま焼酎 無垢の蔵 電話のお問合せ: 09913-3-2345 (平日9~17時)
スライドタイトルなし
スライドサブタイトルなし
  • 焼酎みしま村

    人口約370人からなる鹿児島県、三島村。 その三島のうちの黒島の公営蔵で 黒島産のさつまいも(紅おとめ)と水を使った 焼酎がつくられました。

  • 焼酎メンドン

    焼酎メンドンは硫黄島で生産されたベニオトメを使用しております。計画されていた令和元年の初蔵出しは台風及び塩害により硫黄島での原料芋の収穫ができず断念されましたが、その年の生産で2.4トンほどの収穫ができ、令和2年5月に初めて初蔵出しの運びとなりました。

焼酎プロジェクトとは?

⿅児島県三島村は⼈⼝374名(2019年8月時点)、⼈⼝減少や⾼齢化、といった課題を抱えている⽇本最⼩規模の村です。 三島村は⽵島・硫⻩島・⿊島の三島の島からできていて、そのうち1島の黒島に地域おこしを目的として「みしま焼酎 無垢の蔵」が新設されました。(2018年9月稼働開始) 全国的にも珍しい公設公営の焼酎蔵で、島のさつま芋と⽔を使って焼酎を造る地域おこしプロジェクトが行われています。

  • 三島村産さつまいも(ベニオトメ)

    島では昔から主要な食べ物としてさつまいもが栽培されてきました。 台風が多く襲来する厳しい環境の中、傾斜を切り開いた畑で「ベニオトメ」を栽培しています。 甘い品種のこの芋が焼酎みしま村・焼酎メンドンをより甘く飲みやすい焼酎にします。 芋の植え付け・収穫などの重要な作業を、老人会や農家の方々が中心となって取り組んでいます。 焼酎みしま村には、三島村にかかわるすべての人の純粋な思いがこもっています。
  • 三島村黒島の豊かな水

    壮大な岩肌や滝、豊かな森林が象徴するように、黒島には豊富な水資源があります。 美味しい焼酎づくりには良質な水は欠かせません。 古い火山島である黒島の水は「軟水」で、ミネラルがバランスよく溶け込んでおり、日本人好みの口当たりの良い美味しい水になっています。 この地球の恵みをたっぷりと含んだ水が、焼酎みしま村・焼酎メンドンの甘みや香りを引き立てます。
  • 薩摩硫黄島の仮面神メンドン

    仮面神メンドンは2018年、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。 メンドンは、毎年旧暦の8月1日から2日間、薩摩硫黄島の熊野神社に奉納される「硫黄島八朔太鼓踊り」に登場する仮面神です。 その仮面神の名前を冠した焼酎メンドンは硫黄島で生産されたベニオトメを使用しています。
  • 焼酎プロジェクトメンバー

    焼酎プロジェクトは三島村⺠と三島村役場、鹿児島本土の⽼舗の焼酎関連企業の人々が連携することで成り⽴っています。 まず、原料となるさつま芋・ベニオトメは、⽼⼈会・さつまいも耕作農家が中⼼となり、栽培を⾏います。春の育苗・植付から秋の芋収穫・選別までの多岐にわたる作業を、2005年から⾏ってきました。 そして、村役場はプロジェクト推進や休眠農地の開拓等を行い、役場職員自身も焼酎蔵で勤務して実際に焼酎製造にあたります。焼酎製造場は、島民と役場職員や地域おこし協力隊などの移住者が交ざって仕事をする場所になっています。 また、本プロジェクトでみしま焼酎無垢の蔵で焼酎を造るにあたり、濵田酒造様を始めとした⽼舗の焼酎製造関連企業様の技術支援をいただいており、皆様の支えによって焼酎プロジェクトは運営されています。
PickUpエリアを非表示

Products商品一覧

卸販売や大口のご注文も承っています。三島村役場の担当までお気軽にお問合せ下さい。

infomationお知らせ

焼酎プロジェクトブログ 鹿児島県三島村の関係者が公式サイトにて週1回を目安に更新しています。それを厳選ピックアップしました。